Sakura Toursは北インドのバ ラナシ,ブッダガヤ 、 デリー、アグラ、 リシケシ ツアーの専門の店です! お客様は日本人が多く、 インドに滞在している日本人の休みに合わせて ツアーの用意しております。 本社 バラナシ、インド 社長 : RAJA GUPTA

Overview

Package name    デリーアグラ、ジャイプル1泊2日

Duration    1泊2日

Price (Per Person)     13,000

Itinerary Highlights

DAY 1デリーアグラ

デリー、グルガオン、ノエダの各ホテルまでお迎えにアグラへ。
地元レストランにてご昼食後タージマハル、レッドフォート(赤城)観光して ジャイプルのホテルへ向かいます。
【ジャイプル泊】

DAY 2ジャイプル〜デリー/グルガオン/ノエダ

ホテルにてご朝食後チェックアウトし観光。
アンベール城 (象 タクシーに乗って行く)その後、ジャンタルマンタル(天文台)
風の宮殿・ローカルマーケットを見学し
その後各ご自宅・ホテルまでお送り致します。

TOUR POINTS

  1. アグラで2つの世界遺産観光(タージマハル・レッドフォート)、ジャイプールで3つの世界遺産観光(アンベール城・ジャンタルマンタル・風の宮殿)に訪れます。

PRICE LIST

3 Star Plan

1名様で参加する場合1名の金額(1屋x1名) 
INR 30,700 /-
2名様で参加する場合1名の金額(1屋x2名)
INR 18,500/-
3名様で参加する場合1名の金額(1屋x3名)
INR 13,000 /-
Hotels in Agra Hotel in Jaipur
1. Atulya Taj
2. Royal Residency
1. Traditional Hawali
2. Apple In

5 Star Plan

1名様で参加する場合1名の金額(1屋x1名) 
INR 36,000 /-
2名様で参加する場合1名の金額(1屋x2名)
INR 22,000/-
3名様で参加する場合1名の金額(1屋x3名)
INR 16,000 /-
Hotels in Agra Hotel in Jaipur
1. Trident
2. ITC Mughal
1. Trident
2. ITC Rajputana

料金で +5%GSTが かかります。



Included 料金に含まれるもの

  1. 日本語ガイド付き
  2. エアコン付専用車およびドライバー& エアコン車
  3. 1ー2名様で Etios車
  4. 3ー4名様で イノバ車
  5. ホテル
  6. 毎日1ボテル飲み水
  7. 食事(朝1 昼2回 夜 1)
  8. 駐車場代
  9. 観光の入りチケット

Not Included 料金に含まれないもの

  • インド各地/バラナシ間の国内線航空券
  • 個人的費用(飲み物や通信費、洗濯代、医療費等)
  • 個人的費用(飲み物や通信費、洗濯代、医療費等)
  • ガイド、ドライバーへのチップ



1- Taj Mahal

ganga
タージ・マハルは、インド北部アーグラにある、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃ムムターズ・マハルのため建設した総大理石の墓廟[1]。インド・イスラーム文化の代表的建築である。
タージ・マハルは南北560m、東西303mの長方形の敷地にある。南端の約1/4部分は前庭があり、その北端にある大楼門を挟み広がる庭園は一辺296mの正方形であり、水路と遊歩道によって東西南北それぞれに2等分され、さらにそれぞれが4つの正方形で区分されている。その北には敷地の約1/4を占める基壇の上に、廟堂を中心に西側にモスク、東側に集会場がある

2- Red Fort

ganga
16世紀から300年余に渡ってインドで繁栄を誇った、イスラム勢力のムガル帝国歴代皇帝の城ですデリーからアグラへの遷都に伴い、ムガル帝国第3代皇帝アクバルによって、1565年に着工し、1573年に完成した強大な要塞です。
第4代皇帝ジャハーンギル、第5代皇帝シャー・ジャハーンまでの、3世代の皇帝の居城となり、赤砂岩でできた重厚な城壁で囲まれるため、「赤い城」と呼ばれています。
しかしながら、デリーにもラール・キラー(レッド・フォート)と呼ばれる「赤い城」があるため、通常、「赤い城」というと、デリーのレッド・フォートを指します。

3- アンベール城 Amer Fort

ganga
ジャイプルの郊外の北東11kmの城郭都市アンベールにある宮殿。
アンベール城はジャイプルでは有名な世界遺産になっております。
アンベールは、ラージプートのカチワーハー家の王国・アンベール王国の首都であった。ムガル帝国の第3代君主アクバル1世は、1562年にアンベール王の娘と結婚してアンベール王国と同盟したのを皮切りに、アンベールをはじめとするラージプートの王侯を次々に連合して傘下に加えていった。
1592年から、もともと城砦があった所にラージャ・マーン・シングによる大規模な築城が始められた。
1727年、アンベール王ジャイ・シング2世はアンベールから自らの名を冠したジャイプルへと遷都するまで、改築が続けられた。
かつては城主などに限られていたが、現在は観光客が象に乗って城のある丘まで登ることができる。

4- ジャンタル.マンタル Jantar mantar

ganga
ジャイプルにあるジャンタル・マンタルが一番大型で、世界遺産になっております。 この天文台(ヤントラ・マンディル)とは現地の言葉で「計測する機器」を意味する。 天文学者で占星術にも造詣の深かったムガル帝国のラージプート族カチワーハー家の当主、マハーラージャ・ジャイ

5- ハワーマハル Hawa Mahal

ganga
「風の宮殿」)は、インド・ラージャスターン州の州都ジャイプル、ピンク・シティと呼ばれる街区の一角にある宮殿史蹟。
隣接する世界文化遺産である天文台史蹟「ジャンタル・マンタル」とともに、ジャイプル市内での観光地とあります。